Princess House
利用規約

「プリンセスハウス軽井沢ラ トピアリー」は、株式会社プリンセスハウスが運営する1棟貸切の貸別荘です。当貸別荘をご利用いただくお客様に安全かつ快適に過ごしていただくため、宿泊約款第9条に基づき、次の通り利用規約を定めておりますので、お守りいただけますようお願いいたします。
この規約をお守りいただけない場合は、宿泊契約を解除させていただく場合がございます。

★冬季ご利用の場合は、4WD車、あるいはFF車で、スタッドレスタイヤ等装着の上、ご利用下さい。

  1. ご利用目的について
    静養目的に限ります。宴会目的などのご利用はご遠慮下さい。また、未成年者のみのご利用は出来ません。反社会的なご利用を禁止いたします。営業目的(少人数でのセミナー・雑誌やCM撮影など)のご利用をご希望の場合は、別途ご相談下さい。
  2. 定員
    定員(2名~6名)を超えての宿泊は出来ません。
    ベッド(寝具)を使用しない場合に限り、3歳以下のお子様は人数にはカウントいたしません。
    宿泊しない方を敷地内に招き入れることは出来ません。
  3. 宿泊可能なペット数
    犬5匹まで。(小・中・大型犬を問わず)
    宿泊していない方の犬をドッグラン及び貸し別荘に入館させることは禁止いたします。犬以外のペットについてはご相談下さい。
  4. 禁止事項
    (1) 定員以上のご利用、予約者以外のご利用、またペット数超過でのご利用が判明し
      た場合は、即時退去していただきます。この場合でも、宿泊料の返金はいたしま
      せんのでご了承下さい。
    (2) ペットの2階寝室への入室は禁止いたします。寝具類にペットの毛や糞尿などが
      付着した場合は、買い替え料金、または追加のハウスクリーニング費用を申し受
      けます。
    (3) 建物内全面禁煙です。喫煙はデッキのみでお願いいたします。タバコの吸殻はデ
      ッキの灰皿に捨てて下さい。建物内に喫煙による臭いや跡が認められた場合、追
      加でハウスクリーニング代や備品の買い替え費用をご負担いただく場合がござい
      ます。
    (4) デッキにて大声を出すなど、近隣に迷惑行為があった場合、近隣住民から警察に
      通報される場合があります。その場合、法的に利用者様の責任となります。
      20時以降デッキではお静かにご利用願います。
    (5) 危険物、麻薬、危険ドラッグなどの持ち込みは禁止です。
    (6) 花火、焚き火は禁止です。
    (7) 備品や家具などの持ち出しを禁止します。お客様が退出後、備品や家具などの持
      ち出しが判明した場合は、代金を請求させて頂きます。
    (8) 第3者へのまた貸し行為を禁止いたします。
    (9) 公序良俗及び法令に違反する行為を禁止いたします。
    (10) 室内装飾や設備の位置などを勝手に変更することは禁止いたします。
  5. チェックイン・アウトについて
     チェックイン  15時~(到着予定時間を事前にお知らせ下さい)
     チェックアウト 11時(時間厳守にてお願いいたします)
    諸事情(渋滞・道に迷ったなど)で、ご到着が遅れた場合も、弊社では責任を負いかねます。
  6. キャンセル規約について
    ご予約申込みされたお客様は、当貸別荘に申し出ることで、いつでも自由に予約のキャンセルが出来ます。ただし、30日前からのキャンセルの場合は、以下のキャンセル料を申し受けます。
     31日以上前   ・・・無料
     16日~30日前 ・・・宿泊基本料金の30%
     3日~15日前  ・・・宿泊基本料金の50%
     1日~2日前   ・・・宿泊基本料金の80%
     当日、連絡無し  ・・・宿泊基本料金の100%
    ※日程変更や拍数の短縮は日にちによってキャンセル料が発生する場合があります。
  7. 天災、またはお客様の不注意で引き起こした全ての事故、本規約に従わないために起こった事故に関しまして、弊社では一切責任を負いません。
  8. 宿泊中のお客様のお車、ご持参の持ち物の破損、盗難、事故につきましても、弊社では一切責任を負いません。
  9. ペットについて
    (1) 同伴可能なペットは室内犬のみ、法令に基づく予防注射をしていることが条件で
      す。
    (2)ペットの行動は飼い主が監督し、怪我や事故のないようにお願いいたします。ペ
      ットが施設内で怪我や病気をしても責任を負いかねます。
    (3) ペットの2階寝室への入室は出来ません。ペットは1階のみでお願いいたします
      。大型犬用のサークルを1台ご用意しておりますが、移動用のサークル、ゲージ
      などの持ち込みはご自由です。
    (4) ペットが建物、設備や備品などを傷付けた場合、或いはカーテンや家具など布製
      品に粗相をした場合は必ず弊社までご連絡をお願いいたします。クリーニング費
     用や修理代等をご負担いただきます。
    (5) 早朝や20時以降のドッグラン利用はお控えください。無駄吠えなどにより近隣
      からご利用者様へ直接の苦情があった場合は、当事者同士で解決をお願いいたし
     ます。また、弊社へ苦情の連絡があった場合は、ドッグランのご利用を中止して
     いただく場合がございます。あらかじめご了承下さい。
    (6) ペット用のシーツ、足拭きマット、タオル類はお客様がご持参下さい。
    (7) ペットの糞は必ずエチケット袋に入れ、デッキ内に設置してあるゴミ箱に捨てて
      下さい。トイレへ捨てるのは禁止です。
    (8) ペットだけで留守番はさせないで下さい。やむを得ず留守番させる場合は、ペッ
      トの安全の為、必ずゲージの中に入れて外出願います。
    (9) ドッグランとデッキ以外、ペットの散歩は必ずリードを付けて行い、散歩から帰
      ったら、必ずペットの足を拭く、または洗ってから入室をお願いいたします。
  10. 連泊の場合のハウスクリーニングとリネンの取替え
    3泊以上の連泊の場合、お客様のご希望があれば有料にてハウスクリーニングとリネンの取替えを行います。ご予約時にご希望をお伺いいたします。
  11. ゴミの取り扱いについて
    ゴミは、キッチンにご用意しております軽井沢町指定のゴミ袋に、「可燃物」(生ゴミ含む)「ビン」「カン」を分別し、そのまま室内に残してご退出下さい。ペットの糞も、デッキのゴミ箱にそのままにして下さい。
  12. 損害賠償について
    (1) 建物内にて喫煙による焦げ跡や臭いが認められた場合、対象物の買い替えまたは
      ハウスクリーニング代を申し受けます。
    (2) 建造物や設備・家具・備品類を破損・汚損・紛失させた場合は、修理費用を申し
      受けます。チェックアウト前に必ず現地管理人までご連絡をお願いいたします。
  13. ご予約確定後、宿泊の提供が不可能になった場合の返金
    天災地変、また前日の宿泊者による破損・汚損などによりやむを得ず宿泊が提供出来なくなった場合、頂いた宿泊料金を全額返金することで契約解除とさせて頂きます。その他の「違約金・慰謝料」などの費用はお支払いできないことをご了承下さい。

その他、本規約に定められていない事項については、法令または慣例によるものとします。

宿泊約款
(適用範囲) 第1条
  1. 当貸別荘が宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。
  2. 当貸別荘が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。
(宿泊契約の申込み) 第2条
  1. 当貸別荘に宿泊契約の申込みをしようとする者は、次の事項を当貸別荘に申し出てい
    ただきます。
    (1) 宿泊者名
    (2) 宿泊日及び到着予定時刻
    (3) 宿泊料金(原則として「軽井沢ラ トピアリー」当ウェブサイトの貸別荘料金表に
     よる)
    (4) その他当貸別荘が必要と認める事項
  2. 宿泊客が、宿泊中に前項第2号の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場合、当貸別荘は、その申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。
(宿泊契約の成立等) 第3条
  1. 宿泊契約は、当貸別荘が前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。ただし、当貸別荘が承諾をしなかったことを証明したときは、この限りではありません。
  2. 前項の規定により宿泊契約が成立したときは、宿泊料金を当貸別荘が指定する日までに、お支払いいただきます。
  3. 第2項の宿泊料金を同項の規定により当貸別荘が指定した日までにお支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失うものとします。ただし、宿泊料金の支払期日を指定するに当たり、当貸別荘がその旨を宿泊客に告知した場合に限ります。
(宿泊契約締結の拒否) 第4条
  1. 当貸別荘は、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。
    (1) 宿泊の申し込みが、この約款によらないとき。
    (2) 満室により客室の余裕がないとき。
    (3) 宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗
     に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
    (4) 宿泊しようとする者が、次のイからハに該当すると認められるとき。
     イ、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律77号)第2条
         第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)、同条第2条第6号に規定す
        る暴力団員(以下「暴力団員」という。)、暴力団準構成員又は暴力団関係者そ
            の他の反社会的勢力
     ロ、暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
  2.  ハ、法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
    (5) 宿泊しようとする者が、他の宿泊客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
    (6) 宿泊しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
    (7) 宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められ
      たとき。
    (8) 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないと
      き。
(宿泊客の契約解除権) 第5条
  1. 宿泊客は、当貸別荘に申し出て、宿泊契約を解除することができます。
  2. 当貸別荘は、宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一 部を解除した場合(第3条第2項の規定により当貸別荘が申込金の支払期日を指 定してその支払いを求めた場合であって、その支払いより前に宿泊客が宿泊契約を解除したときを除きます。)は、「軽井沢ラ トピアリー」当ウェブサイトの貸別荘キャンセル料により、キャンセル料を申し受けます。
  3. 日程変更や拍数の短縮は日にちによってキャンセル料が発生する場合があります。
  4. 当貸別荘は、宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の午後8時(あらかじめ 到着予定時刻が明示されている場合は、その時刻を時間経過した時刻)になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することがあります。
(当貸別荘の契約解除権) 第6条
  1. 当貸別荘は、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。
    (1) 宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為を
     するおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。
    (2) 宿泊客が次のイからハに該当すると認められるとき。
     イ、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
     ロ、暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
     ハ、法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
    (3) 宿泊客が他の宿泊客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
    (4) 宿泊客が伝染病者であると明らかに認められるとき。
    (5) 宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められ
      たとき。
    (6) 天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させることができないとき。
    (7) 寝室での寝たばこ、消防用設備等に対するいたずら、その他当貸別荘が定める利
      用規則の禁止事項(火災予防上必要なものに限る。)に従わないとき。
(宿泊の登録) 第7条
  1. 宿泊客は、宿泊日当日、当貸別荘のフロントにおいて、次の事項を登録していただきます。
    (1) 宿泊客の氏名、年令、性別、住所及び職業
    (2) 外国人にあっては、国籍、旅券番号、パスポートの呈示及びコピー
    (3) 出発日及び出発予定時刻
    (4) その他当貸別荘が必要と認める事項
(貸別荘の使用時間) 第8条
  1. 宿泊客が当貸別荘を使用できる時間は、午後3時から翌日午前11時までとします。ただし、連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することができます。
(利用規則の遵守) 第9条
  1. 宿泊客は、当貸別荘内においては、当貸別荘が定めた利用規約に従っていただきます。
(料金の支払い) 第10条
  1. 宿泊者が支払うべき宿泊料金等の内訳は、「軽井沢ラ トピアリー」当ウェブサイトの貸別荘料金表に掲げるところによります。
  2. 前項の宿泊料金等の支払いは、当貸別荘が指定した期日までに銀行振込にてお支払いいただきます。
  3. 当貸別荘が宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。
(当貸別荘の責任) 第11条
  1. 当貸別荘は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、それが当貸別荘の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
  2. 当貸別荘は、万一の火災等に対処するため、旅館賠償責任保険に加入しております。
(宿泊客の手荷物又は携帯品の保管) 第12条
  1. 宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当貸別荘に置き忘れられていた場合において、その所有者が判明したときは、当貸別荘は、その指示を求めるものとします。ただし、所有者の指示がない揚合又は所有者が判明しないときは、発見日を含め7日間保管し、その後処分いたします。また、飲食物や使い捨ての道具類につきましては、当日処分いたします。
(駐車の責任) 第13条
  1. 宿泊客が当貸別荘の駐車場をご利用になる場合、当貸別荘は場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで 負うものではありません。
(宿泊客の責任) 第14条
  1. 宿泊客の故意又は過失により当貸別荘が損害を被ったときは、当該宿泊客は当貸別荘に対し、その損害を賠償していただきます。
(ペット宿泊に関する事項) 第15条
  1. ペットは、法令に基づく予防注射を受けていること、及び病気に罹患していないことを同伴条件とします。狂犬病予防接種のご記入がない場合は、ご予約申込みをキャンセルさせていただくことをご了承下さい。
  2. 当貸別荘利用時のペットの事故、病気、迷子等の責任、及びその他ペットの管理責任はすべて宿泊客が負うこととします。
  3. ペットのみ別荘においての外出は禁止いたします。

約款・規約の内容につきましては予告なしに変更する場合があります。